治療の前に

 

●予診票をご記入いただきます。(内容は多岐に渡るためゆっくりご記入ください。)

●予診票を受付にお渡しください。

●治療用の専用ガウンにお着替えいただきます。

1. 問診

 

ご記入いただいた予診票を参考に、症状についてや生活習慣に関することなど詳しくお尋ねします。
症状と関係ないのでは?と思われることを質問する場合がございますが、 その際は、なぜその質問が必要かご説明いたします。

2. 検査

 

【検査内容】

● 姿勢の確認

● 関節可動域の検査

● 各症状の診断に必要なテスト(筋力・靱帯・軟部組織・神経・協調性バランスなど)

その他、目の検査、脈診、腹診、舌診など東洋医学的検査も加えることがあります。

検査結果に基づき、あなたの症状の原因が何かご説明い たします。その後、治療計画を説明し、検査結果及び治療計画にご納得いただいた上で治療に移ります。

3. 治療

 

早期回復を目指すため、手当にはさまざまな手技や鍼灸術を併用します。
スポーツ大国の米国ではゴールドスタンダードでもある軟部組織治療法、いわゆる筋膜の治療法

(ART・グラストンテクニックなど)も取り入れております。

院長は両テクニックの認定を持つ数少ない治療家です。

Graston Techniques Certification グラストンテクニック認定プロバイダー

Active Release Techniques アクティブリリーステクニック 認定

4. 再検査

 

治療後に再度検査を行うことによって、治療効果を客観的に判断することができます。

5. セルフケアの指導

 

治療後の楽な状態を維持し改善を早めるために、治療の一環として、次回来院までおこなっていただくセルフケアエクササイズや日常生活の注意事項を説明します。

お身体の不安やお悩みはBack to Basicsへご相談ください。

人生は出会いの積み重ねです。
だれと出会うかにより大きく変化します。
自然療法には人生を大きく変える力があります。
ひとりひとりの患者さんとの出会いに感謝し、
「自然療法で人生をサポート」すべく誠心誠意対応させていただきます。